Followers

Google Website Translator Gadget






曇 日
By 北原白秋

曇日の空気のなかに、
狂ひいづる樟の芽の憂鬱(メランコリア)よ・・・・・・
そのもとに桐は咲く。
Whisky の香のごときしぶき、かなしみ・・・・・・

そこここにいぎたなき駱駝の寝息、
見よ、鈍き綿羊の色のよごれに
饐えて病む藁のくさみ、

その湿る泥濘に花はこぼれて
紫の薄き色鋭(するど゙)になげく・・・・・・
はた、空のわか葉の威圧。

いづこにか、またもきけかし。
餌に饑ゑしペリカンのけうとき叫、
山猫のものさやぎ、なげく鶯、
腐れゆく沼の水蒸すがごとくに。

そのなかに桐は散る・・・・・・Whisky の強きかなしみ・・・・・・

もの甘き風のまた生あたたかさ、
猥らなる獣らの囲内(かこひ)のあゆみ、
のろのろと枝(え)に下がるなまけもの、あるは、貧しく
眼を据ゑて毛虫啄(つ)む嗟歎(なげかひ)のほろほろ鳥(ちょう)よ。

そのもとに花はちる・・・・桐のむらさき・・・・

かくしてや日は暮れむ、ああひと日。
病院を逃れ来し患者の恐怖(おそれ)、
赤子らの眼のなやみ、笑う黒
酔い痴れし遊蕩児(たはれを)の縦覧(みまはり)のとりとめもなく。

その空に桐はちる・・・・新しきしぶき、かなしみ・・・・

はたや、また、園の外ゆく・・・・
軍楽の黒き不安の壊(なだ)れ落ち、夜(よ)に入る時よ、
やるせなく騒ぎいでぬる鳥獣(とりけもの)。
また、その中に、
狂ひいづる北極熊の氷なす戦慄(をののき)の声。

その闇に花はちる・・・・Whisky の香の頻吹(しぶき)・・・・桐の紫・・・・


.